Heartlogy Matrix Cafe

タグ:ハートロジー・マトリックス ( 35 ) タグの人気記事

出逢いのハートセラピー!


あなたの出逢いをプラスに捉える、心の数理学の原点!

ハートロジー・マトリックスは、“占い”ではなく、あなたが生まれながらに持つ〈天与の数〉から、心の奥を探るハート・セラピーです。人生は出逢いの連続です。ふと目にとまった道端の花、何気なく手にした一冊の本、偶然耳にした美しい音楽、目にした風景。。。あなたに起こるたくさんの出逢いは、あなたの心がいつもプラス思考であればより豊かなものになるでしょう。出逢いによって運命が180度変わることもあるのです。


      出逢いはあなたの心を映す鏡!

      家族、友人、パートナーとの出逢いを豊かなものにするには、
    まず自分自身をきちんと知ること。そして相手を知ることが大切です。

           あなたのスピリチャル・ナンバーから
            そのヒントを探してみましょう。



           ハートロジー・マトリックスってな〜に!
[PR]

あなたのスピリチャル・ナンバーは?



    072.gifスピリチャル・ナンバーは生年月日から計算します!

    (1999年12月16日生まれ)
    1.生年数を1桁に:1999年→1+9+9+9=28 →28=2+8=10 →1+0=1(y)
    2.月数を1桁に:12月→1+2=3(m)
    3.日数を1桁に:16日→1+6=7 (d.) 

      1+3+7=11 →1+1=2 072.gifスピリチャルナンバー2(S)
             
    
          
   
[PR]

あなたのサブ・ナンバーは?

   

    072.gifサブ・ナンバーは生年月日から計算します!

    (1999年12月16日生まれ)
    1.生年数を1桁に:1999年→1+9+9+9=28 →28=2+8=10 →1+0=1(y)
    2.月数を1桁に:12月→1+2=3(m)
    3.日数を1桁に:16日→1+6=7 (d.) 

           サブ・ナンバー(y.m.d)1.3.7
[PR]

ハートロジー・マトリックスの世界へようこそ!


〈新時代の数秘マンダラ〉

b0147379_1844012.jpg
マンダラ(曼荼羅)は、
マンダ(本質・神髄)+ ラ(所有・成就)のこと。
マンダラ(曼荼羅)は、
「真理を内包するもの」を意味する、
サンスクリット語です。


ハートロジー・マトリックスは、金剛界マンダラの九つの秘界(降三世三昧耶会・降三世羯磨会・理趣会・一印会・四印会・供養会・微細会・三昧耶会・成身会)にブッダの説かれた六道三乗(地獄・飢餓・畜生・修羅・人間・天上)、そして(声聞・縁覚・菩薩)の教えの真意を汲み取り融合させた、新時代のマンダラです。

東洋の数霊に顕われる、1から9までの一桁の数に隠された意識。そして、ユダヤに伝わるゲマトリアと調和して、それぞれの数の神秘を解釈することによって、理解できるマトリックス。そのマトリックスを、生年月日から導いて、読み解くのがハートロジー・マトリックスです。


佐藤 謙(さとう けん)セラピスト
1943年5月15日生まれ。 スピリチャルナンバー(1) サブナンバー(8.5.6)


b0147379_08515.jpg20代は実業家としていくつかの仕事を起業。
しかし自らを探求するため、
すべての事業から手を引き研究生活を送る。
1989年、「数の神秘性」に導かれ、
ハートロジーの基礎理論を確立。
ハートロジー・セミナリー主宰。
主にクリニックで、
セラピストとして活動している。
               


*[ハートロジー]は佐藤謙の登録商標です。
[PR]

スピリチャル・ナンバー(1)カオス/感情

ハートロジー・マトリックスってな~に!

スピリチャル・ナンバー1の人は、無から有を生じる創造力と、正しいと思ったことは人がなんと言おうとやり通す強い意思力を持っています。エネルギーのポテンシャルは1~9の中で最高のランクにあります。

1.は始めであって総べて。ひとつであって全体。誕生。
1.という数は「混沌」という意味を持っています。宇宙創成期の天地が未だ定まらぬ状態をさしています。その意味するところは、我々の宇宙が宇宙卵に帰一するように「素材」の状態であるということです。

〈あなたの資質〉
肯定要素(プラス)/創造力  独立心 正義感 意思力 寛大
否定要素(マイナス)/誇大妄想 無鉄砲 顕示力 頑固 お人好し


●創造力=誇大妄想
無から有を生む創造力において抜きんでた才能があり、何にでも興味を持つ好奇心旺盛な性格。何をやらせてもそこそこの結果を出せる器用なところもあります。しかしひらめきや直感を過信すると、夢だけがひとり歩きを始め、男性は大風呂敷を拡げたり、女性はシンデレラに化身するというように、誇大妄想に陥る危険もあるので気をつけてください。

何を始めるにもまず十二分に計画を立て、ひとつひとつ確実に進めていくように心がけることです。一歩一歩進んで行くとき、あなたの内に静かに蓄えられた大きなエネルギーを解放するチャンスが必ずめぐってくるからです。

●独立心=無鉄砲
人や社会の束縛を嫌い、自尊心が強く、たとえだれの理解を得られなくてもことを起こす、独立心を持っています。しかしもし、あなたが自分を束縛するものへの反発から、否定的にそのエネルギーを使ったら、無鉄砲な猪突猛進型人間のレッテルを貼られることになるでしょう。あなたはとても太刀打ちできないと分かっていても、大波にまともに向かっていってしまうところがあります。時には、岩かげに身を寄せて嵐をやり過ごす工夫も必要です。

確かな目的意識を持つように心がけてください。どんな小さなことでもきちっと答えを出すこと。ひとつのことをやり遂げた充実感が、あなたに自信と安らぎをもたらします。

●正義感=顕示力
あなたはたいへんに正義感の強い人です。ときとしてどんな小さな不正も許せなくなります。その性格は対人関係にも微妙に影響して、一度意見が合わなくなって対立した相手をなかなか許そうとしません。たとえ家族、友人、同僚から見放されても、自分の信ずる正義を貫き通す強い性格なのですが、実はその正義は自分本位の正義である場合が多いのです。一歩間違えると狂信になってしまいます。

●意志力=頑固
目的に向かって突っ走るバイタリティーは賞賛に値します。この資質は特に新しいことを始めたときや、自分にとって初めての体験である場合に顕著に現れます。

しかし、無から有を生じる意思力も、人に認められないと意地になって固執し、単なる頑固者、変人のそしりを受けることになってしまいます。ただ闇雲に突っ走らず、ときには立ち止まって景色を楽しむ余裕をもってください。

●寛大=お人好し
「カオス」とは、未だ明暗、善悪、陰陽の区別も分たぬ状態を表しています。言い換えれば、その中にすべてを包容する大いなる心と見ることができます。

しかし、自分自身を理解できずに、自己の心に秩序を保つことができないと、何でも受け入れてしまうお人好しになってしまうでしょう。感情に流されず、冷静に物事を分析する目を養ってください。

〈サブ・ナンバーも参考に〉
b0147379_1838273.jpg
スピリチャル・ナンバーとあわせて、サブ・ナンバーも参考にしてください。サブ・ナンバーとの組み合わせによって、さらにあなたの資質を深く知ることができます。同じ番号が2つ以上重なる場合は、中心の[5]をはさんで反対側のナンバーも参考にしてください。
[PR]

スピリチャル・ナンバー(2)ベーシック/論理

ハートロジー・マトリックスってな~に!

スピリチャル・ナンバー2の人は非常に律儀で真面目です。忍耐強く目標を達成する努力家。性格は単純明解に白か黒、灰色などありません。人に信頼され、十二分にそれに応えることができます。

2.は、明と暗。わたしとあなた。生と死、からだとこころ。
2.という数はちょうどコインの裏表のように、物事の善し悪し、明暗、陰陽、愛と憎しみ、肉体と精神、慈悲と怒りというように万物の基本である二面性を表します。1.のカオスに最初の秩序を与える数です。

〈あなたの資質〉
肯定要素(プラス)/勤勉 慈愛 協調性 合理的 思慮深い
否定要素(マイナス)/強情 冷淡 打算的 形式的 優柔不断
 

●勤勉=強情
仕事でも趣味でも根気強くマイペースでこなしていくタイプです。このナンバーの人に三日坊主はいません。今日からジョギングを始めようと決めたら、雨の日も風の日も欠かさず実行する人です。

スピリチャル・ナンバー1の人を短距離走者とすれば、スピリチャル・ナンバー2の人は長距離向き。たとえペースは遅くても何事もやり遂げる力を持っているのですから、低いレベルで満足せず、もう一段高い目標を持つことをお勧めします。

勤勉さ、律儀さは他のナンバーに比べて抜きん出た特筆すべき資質。ただ、自我にとらわれ排他的になると、強情でときには手のつけられない頑固者になる危険があります。他人の意見にも耳を傾ける寛大な心を養うように心がけてください。

●慈愛=冷淡
慈しみ育む素晴らしい資質を持っています。でもその愛は、母親ライオンがわが子を谷に突き落とし、自分で這い上がってこられた子だけを育てるという一見冷淡に見える愛なのです。愛する喜び、愛する苦しみの両面を知るゆえの一側面でもあります。

この資質は、二者択一、二律背反という厳しさに身を置く、スピリチャル・ナンバー2のなせる業。あるときは慈愛に満ちた仏様、あるときは憤怒に燃える不動明王と思われることもあるでしょう。自分の心にゆとりを持って、冷淡にならないように心がけるようにしましょう。仏様も不動明王も、1つの心が持つ二面性に過ぎないのです。

●協調性=打算的
スピリチャル・ナンバー1の「カオス」の混沌に、秩序をもたらすスピリチャル・ナンバー2の「ベーシック」。そこに生まれてくるものに協調性があります。

自分が置かれた環境の中で秩序を保つ分別は、このナンバーならではの資質。明暗、善悪などの二面性の両極を感じとることができてはじめて生まれる資質と言ってもよいでしょう。

ただし、合理的、論理的資質にこだわり過ぎると、自分中心の打算に走り、利益をもたらす者だけと強調し、他を遠ざける心の狭いわがままな人間になってしまいます。物事を客観的に分析し組み立てることができる素晴らしい資質を、他人のために役立ててこそ、真の強調性が生まれるのだということを覚えておいてください。

●合理的=形式的
五七五という17文字の俳句のように、無駄のない合理性が特徴です。「あさがおに つるべとられてもらいみず」というように無駄無くまとめあげられた中に素直な心情、風情が陰陽の流れとなって見事に調和する様は、スピリチャル・ナンバー2のもっとも美しい姿です。

芸術の分野でただひとつ、俳句の世界にこのナンバーの人が偏って多いのは、合理的で論理的な資質が、この五七五という決められた枠の中で表現するということにうってつけだからなのです。

ところが、その合理的な美しさもこだわりや打算に足をすくわれ、形式にとらわれた中身のない形骸の空しさや醜さを晒す危険性を合わせ持っています。形式的な既成概念にとらわれすぎないように注意してください。

●思慮深い=優柔不断
二者択一というような単純明解な思考形態を持っていますが、半面非常に思慮深いところがあります。私たちが暮らすこの世の中は、白黒、明暗、善悪というような二面性だけでは位置づけられないことがはるかに多いのです。

そうなると、中間色を苦手とするこのナンバーの人は、思慮深くならざるを得ない。それが時に優柔不断となることがあります。あまり論理的にならずに、自分に自信を持つことです。あなたの直感力もなかなかのモノです。


〈サブ・ナンバーも参考に〉
b0147379_1838273.jpg
スピリチャル・ナンバーとあわせて、サブ・ナンバーも参考にしてください。サブ・ナンバーとの組み合わせによって、さらにあなたの資質を深く知ることができます。同じ番号が2つ以上重なる場合は、中心の[5]をはさんで反対側のナンバーも参考にしてください。
[PR]

スピリチャル・ナンバー(3)リアリティー/現実

ハートロジー・マトリックスってな~に!

スピリチャル・ナンバー3の人は、自分に自信と誇りを持ち素直に自己主張できる人です。自分に正直でまわりくどいことが嫌い。ストレートに物事を表現する信長タイプです。

3.は、三原色。三位一体。自然。現実。完璧。絶対。
3.という数は「現実・常識・本能」の3つの資質を持ち、「安定」と「完成」を意味します。三原色、三つ巴、三界、三位一体、三種の神器など。そのすべてが完成された姿、十分なカタチを表しています。

〈あなたの資質〉 
肯定要素(プラス)/安定 母性的 奉仕 義務感 常識的    
否定要素(マイナス)/緊張 執着 高慢 権威 本能的


●安定=緊張
スピリチュアル・ナンバー3の「安定」は緊張の上に成り立つ安定です。三脚や鼎(かなえ)は置かれる場所の多少の凹凸に関係なく安定しますが、保とうとするの難しいものです。そのカタチは必要十分ですが、この十分は最低限の十分であり、余裕のない緊張の上に成り立っています。

あなたに必要なことは心を自由に遊ばせ、リラックスすることです。緊張と弛緩。弛緩のない緊張は「百害あって一利なし」です。

●母性的=執着
慈しみ育む愛です。何かを育てるということは並大抵のことではありません。丹誠込めて育てたものに、執着心を覚えるのは当たり前のことです。まして我が子となればなおさらです。この母性的資質は、女性にとって素晴らしい資質です。

しかし、人によっては過度の教育ママになることもありますから注意してください。子どもは思春期を迎える頃から親離れを始めます。子どもが大きくなったら、親は意識して子どもから離れることも必要ではないでしょうか。

●奉仕=高慢
仏教に法施、財施という教えがあります。法施とは、ブッダが教えを説いたように、精神的叡智を人々に分け隔てなく説くこと。また財施とは、物やお金を浄財として振る舞うことを言います。

スピリチュアル・ナンバー3は物やお金に恵まれ、奉仕の精神にとんでいます。しかしあなたが物やお金に執着していたら、あなたが財施(肉体的奉仕を含めて)という行為は「してあげた」という優越感から、高慢で恩着せがましい偽善になってしまうでしょう。奉仕はこだわりのない素直な心の現れでなければなりません。

●義務感=権威
「時は金なり」物資界の象徴でもあるスピリチュアル・ナンバー3は「物・お金・時間」を大切にします。決められたこと、任された仕事は必ずやり遂げる人。友人や上司からの信頼も厚く頼りになる人ですが、この素晴らしい義務感も、自己主張が強くなると権威論者になってしまいます。

人の尺度を決定する法律、常識、道徳感などは、狭い社会での価値観にすぎません。お山の大将にならずより高く、より広く自分の周りを見回すことを忘れないでください。

●常識的=本能的
このナンバーの常識感は、自分の思っていることを素直に表現する本能的色彩の濃いものになります。回りくどい口説は得意ではありません。好きなら好き、会いたいなら会いたいと、ためらうことなく言える人です。

知識や学問にとらわれた、とおり一辺の常識より、はるかに人間的で愛すべきものがあります。しかし、その常識感が素直であるだけに、思い込みやこだわりが強くなり、人の意見に耳を傾けないわがままな人間になることです。他人の意見や考えにも理解を示す広い心を忘れないでください。


〈サブ・ナンバーも参考に〉
b0147379_1838273.jpg
スピリチャル・ナンバーとあわせて、サブ・ナンバーも参考にしてください。サブ・ナンバーとの組み合わせによって、さらにあなたの資質を深く知ることができます。同じ番号が2つ以上重なる場合は、中心の[5]をはさんで反対側のナンバーも参考にしてください。
[PR]

スピリチャル・ナンバー(4)ムーブメント/能動

ハートロジー・マトリックスってな~に!

スピリチャル・ナンバー4の人は、能動的です。その行動力は1~9の中で第一番にランクされます。まず行動、そしてその中から答えを導き知識を吸収する能力は見応えがあります。

4.は、平衝。春夏秋冬。宇宙。摂理。動き。
4.という数は「能動・建設」という資質を持っています。四方、東西南北、四角形など安定した姿を表しますが、安定した4本足のテーブルが少しの凹凸でもぐらぐらするように、表面的安定の中に内的不安定を持っています。

〈あなたの資質〉
肯定要素(プラス)/行動力 確信  建設的 理想  堅実
否定要素(マイナス)/不安定 闘争心 破壊  苦労性 強引


行動力=不安定
行動力は9つのナンバーの中でも1、2を争います。行動することで次のステップを見出すことができる人です。ですから必然的にじっとしていることが苦手で、思い立ったらすぐ行動に移さないと気が済まない人なのです。

自転車に乗っているようなもので走っていれば倒れにくいのですが、止まると倒れてしまいます。不安定と背中合わせなのです。自分を抑え他人の声に耳を傾ける余裕が欲しいものです。周りの状況に合わせて、ときには身を任せるコツを覚えること。

確信=闘争心
創造的革新ではなく「組織・法律・常識」といった、ある枠の中での葛藤から生まれる革新。傾きかけた会社を建て直す、不振に喘ぐ営業を好転させる、そんな時大きな力を発揮します。

いぶし銀のような輝きを放つ、無私の活動。野心を持ってはいけません。行動力があるだけに思わぬ破局になることも。自分の主義主張を大上段に振りかざし、人に押し付け、無理を通そうとしないこと。革新イコール闘争であってはいけません。闘争からは、つかの間の安らぎしか手に入らないのです。

建設的=破壊
4という数は、1の創造、2の秩序、3の完成を踏まえた新たな出発を意味します。スピリチュアル・ナンバー1はゼロからの出発ですが、4はできあがっている基礎の上に家を建てるだけでよいのです。

破壊には建設という大義名分がありますが、それが利己的で自己中心的な建設であったとしたら、建設を上回る破壊が起こるでしょう。新しい物を造るだけが建設ではありません。むしろ、今ある物を有効に利用する手段と考えるべきではないでしょうか。

理想=苦労
エースを3枚持ってポーカーゲームを始めるような、非常に恵まれた資質を持っています。恵まれているからこそ理想も高くなる。しかし、その理想が現実に立脚したものなのか、単なる夢物語なのか、この区別が曖昧になるのが弱点。

理想はビジョンとして見ることもできるでしょう。しかし、それはあくまでシュミレーションであって疑似体験にすぎません。実際にはあなたが考えている以上にギャップがあります。現実を正確に把握することが何よりも大切です。

堅実=強引
行動のポテンシャルが高いだけに、利己的になるとせっかくできあがっている基礎まで壊し、わざわざむだな遠回りすることになりかねません。まず目の前に用意された基礎の上に家を建ててみることです。たとえそれが理想とはほど遠い小さな家であっても、焦らずに行動することです。

あなたは必ず理想に近づける堅実な資質を持っているのです。くれぐれも小さな基礎の上に大きなビルを建てるような強引さは謹んでください。


〈サブ・ナンバーも参考に〉
b0147379_1838273.jpg
スピリチャル・ナンバーとあわせて、サブ・ナンバーも参考にしてください。サブ・ナンバーとの組み合わせによって、さらにあなたの資質を深く知ることができます。同じ番号が2つ以上重なる場合は、中心の[5]をはさんで反対側のナンバーも参考にしてください。
[PR]

スピリチャル・ナンバー(5)ハーモニー/愛と調和

ハートロジー・マトリックスってな~に!

スピリチャル・ナンバー5の人は、は明るく社交的。その資質は「愛と調和」に集約されます。あなたの愛は「愛し愛される」という愛を越えて「ただそこに愛がある」という限りなく大きな愛!

5.は、中心。五体。五感。調和。中庸。愛。
5.という数は「愛と調和」という資質を持っています。マトリックスの中心にあり他のすべてのナンバーに接しています。生きるためのバランスを保つ上で重要な位置。精神と肉体、理性と感情の接点を意味します。

〈あなたの資質〉 
肯定要素(プラス)/愛 調和 中庸 吸引力 奉仕
否定要素(マイナス)/優越 排他的 自己中心 八方美人 自己破壊



愛=優越
1から9の中で唯一すべてのナンバーに接しているため、明るく誰とでもつき合うことができます。あなたの愛は「愛する」「愛される」という即物的な愛ではなくすべてを含んだ愛、何ものをも許す愛なのです。「ただそこに愛がある」という素晴らしい資質に恵まれています。

しかし、愛はときとして執着心や憎しみ、怒り、破壊、偽善とその姿を変えることがあります。あなたが謙虚な心を失い自分を過信すると、ハーモニーは消え、人に愛を強要する醜い優越感に姿を変えてしまいます。

調和=排他的
マトリックスの中心にあり、すべてのナンバーの調和をつかさどる要(かなめ)であるため、ごく自然にグループの中心的な立場に立たされることが多いはずです。

しかしあまり調和にこだわると「わかってくれないのならもう結構!私は私の思い通りにするからあなたも勝手にしなさい!」と誰も寄せ付けず、排他的になる傾向があります。
愛と調和は人間が神から授かった最高の贈り物。大きな視野を持つように心がけてください。

中庸=自己中心
中庸とは「偏らず普通」であるという意味です。マトリックスの中心に位置しているために、理性と感情、能動と受動、理想と現実、理論と感覚という二面性のバランスをとることができる人です。

しかし、常にまわりを囲まれていますから、どうしても己を守ろうとする意識も強くなります。心のバリケードは1~9の中で一番強く、そのため友人は多くても親友はなかなかできないという側面も持っているのです。

あなたは多少揺れても必ず元に戻れる得な資質に恵まれているのですから、自己中心な独りよがりにならないように、たまには自らの殻を破って、今まで気がつかなかった景色を眺めてみてください。

吸引力=八方美人
マトリックス上の特異な位置関係からくる必然として、あなたには人を引きつける素晴らしい魅力があります。大勢の友だちがあなたを囲んでいるはずです。あなたのそばにいるだけで安らぎを感じ、心の緊張から解放されるのです。

しかし、これは自分の努力で手にいれたものではなく、自然に身に付いていたというものである、ということを謙虚に受け止めてください。ただの八方美人にならないように、主体性を持ち、心の輝きを失わないように心がけでください。

奉仕=自己破壊
愛と調和という素晴らしい資質に恵まれているため、奉仕の精神に富んでいます。無意識の行為により無償の愛を提供します。このことから、人は自分のための特別な愛だと錯覚し、あらぬ誤解を受けることも少なくないはずです。

しかし、自分を犠牲にしてまで人に尽くすということになると、それは自己喪失、自己破壊に繋がります。無理をせずにできることからはじめてください。


〈サブ・ナンバーも参考に〉
b0147379_1838273.jpg
スピリチャル・ナンバーとあわせて、サブ・ナンバーも参考にしてください。サブ・ナンバーとの組み合わせによって、さらにあなたの資質を深く知ることができます。同じ番号が2つ以上重なる場合は、中心の[5]をはさんで反対側のナンバーも参考にしてください。
[PR]

スピリチャル・ナンバー(6)ピースフル/受動

ハートロジー・マトリックスってな~に!

スピリチャル・ナンバー6の人は、けっして人を裏切ることのない信頼に値する人。頼りがいのある人格は1から9の中で特筆に値します。試練をいつの間にか自分の心の糧にしてしまう不思議な能力を持っています。

6.は、安定。無常。天然。六道。回帰。
6.という数はキリスト教では「天地創造」を成し遂げた数。仏教では(眼・鼻・耳・舌・身・意)をさす「六根清浄・ろっこんしょうじょう」。(布施・持戒・忍辱・精進・禅定・般若)をさす「六波羅蜜・ろくはらみつ」という言葉があるように-聖なる数-を意味します。

〈あなたの資質〉
肯定要素(プラス)/やすらぎ 組織的  統率力 信頼 感謝
否定要素(マイナス)/闘争心 排他的 抑圧的 こだわり 強要



やすらぎ=闘争心
やすらぎや調和を求める心は、家庭のような小さな集まりから果ては国家、あるいは人類といった大きな集合体にまで及んでいます。私たちは恐れ、苦しみ、悲しみから逃れ、心の平安を求めて家庭、同胞、国といった組織を作り上げてきました。それは安らぎを求める人間の純粋な欲望と言えるでしょう。

しかしその欲望が度を越すと闘争心となります。感情に左右されやすく、引き際をわきまえず、のぼせ上がるところがあるので注意してください。

組織的=排他的
仲間意識が強く、大勢の力をひとつにまとめ、個人ではできない動きを導きだす能力があります。女性が主婦となった場合、それは家庭で大きなちからになります。男性の場合は、家庭優先のマイホーム・パパ、会社優先の企業戦士とふたつの方向性を持ちます。

男性も女性も家庭や組織のためという義務感から何もかもひとりで背負い込んでしまう傾向があります。その結果、背負いきれないものを排斥する、自己中心で独りよがりな側面もあります。

統率力=抑圧的
客観的で冷静な分析力が備わっており、企業、組織のリーダーの資質を持っています。家庭あるいは子どもを育てる養育者として非凡な才能を発揮するでしょう。包容力のあるスケールの大きな統率者になる資質を持っています。

反対にカリスマ性があるだけに、抑圧的な独裁者になる場合もあります。どちらに転ぶかはサブ・ナンバーの生かし方次第です。

信頼=こだわり
人を信じ、仲間を裏切らない素晴らしい資質を持っています。受け身で保守的なところがありますから、信頼されると守ろうとする意識が強くなることがあります。

目先の結果に振り回され、対局を見失うことにならないように、自分の信念にこだわり過ぎないように注意してください。頼まれると断れないお人好しであるため、知らず知らずに人に利用されたり、騙されたりすることもあります。

感謝=強要
安らぎ、信頼、感謝にその資質が集約されるように「与えられたやすらぎに感謝する」能動的で謙虚な性格です。身の周りで起こる出来事はすべて自分のために用意されたものだという感謝の心を忘れない、清濁合わせ飲む広い心を持っています。

しかしその自分の生き様を他人に強要してはなりません。どんなに正しいと思われることでも、強要したらそれはあなたのわがままにしか過ぎないのです。


〈サブ・ナンバーも参考に〉
b0147379_1838273.jpg
スピリチャル・ナンバーとあわせて、サブ・ナンバーも参考にしてください。サブ・ナンバーとの組み合わせによって、さらにあなたの資質を深く知ることができます。同じ番号が2つ以上重なる場合は、中心の[5]をはさんで反対側のナンバーも参考にしてください。
[PR]