Heartlogy Matrix Cafe

カテゴリ:スピリチャルナンバー3( 1 )

スピリチャル・ナンバー(3)リアリティー/現実

ハートロジー・マトリックスってな~に!

スピリチャル・ナンバー3の人は、自分に自信と誇りを持ち素直に自己主張できる人です。自分に正直でまわりくどいことが嫌い。ストレートに物事を表現する信長タイプです。

3.は、三原色。三位一体。自然。現実。完璧。絶対。
3.という数は「現実・常識・本能」の3つの資質を持ち、「安定」と「完成」を意味します。三原色、三つ巴、三界、三位一体、三種の神器など。そのすべてが完成された姿、十分なカタチを表しています。

〈あなたの資質〉 
肯定要素(プラス)/安定 母性的 奉仕 義務感 常識的    
否定要素(マイナス)/緊張 執着 高慢 権威 本能的


●安定=緊張
スピリチュアル・ナンバー3の「安定」は緊張の上に成り立つ安定です。三脚や鼎(かなえ)は置かれる場所の多少の凹凸に関係なく安定しますが、保とうとするの難しいものです。そのカタチは必要十分ですが、この十分は最低限の十分であり、余裕のない緊張の上に成り立っています。

あなたに必要なことは心を自由に遊ばせ、リラックスすることです。緊張と弛緩。弛緩のない緊張は「百害あって一利なし」です。

●母性的=執着
慈しみ育む愛です。何かを育てるということは並大抵のことではありません。丹誠込めて育てたものに、執着心を覚えるのは当たり前のことです。まして我が子となればなおさらです。この母性的資質は、女性にとって素晴らしい資質です。

しかし、人によっては過度の教育ママになることもありますから注意してください。子どもは思春期を迎える頃から親離れを始めます。子どもが大きくなったら、親は意識して子どもから離れることも必要ではないでしょうか。

●奉仕=高慢
仏教に法施、財施という教えがあります。法施とは、ブッダが教えを説いたように、精神的叡智を人々に分け隔てなく説くこと。また財施とは、物やお金を浄財として振る舞うことを言います。

スピリチュアル・ナンバー3は物やお金に恵まれ、奉仕の精神にとんでいます。しかしあなたが物やお金に執着していたら、あなたが財施(肉体的奉仕を含めて)という行為は「してあげた」という優越感から、高慢で恩着せがましい偽善になってしまうでしょう。奉仕はこだわりのない素直な心の現れでなければなりません。

●義務感=権威
「時は金なり」物資界の象徴でもあるスピリチュアル・ナンバー3は「物・お金・時間」を大切にします。決められたこと、任された仕事は必ずやり遂げる人。友人や上司からの信頼も厚く頼りになる人ですが、この素晴らしい義務感も、自己主張が強くなると権威論者になってしまいます。

人の尺度を決定する法律、常識、道徳感などは、狭い社会での価値観にすぎません。お山の大将にならずより高く、より広く自分の周りを見回すことを忘れないでください。

●常識的=本能的
このナンバーの常識感は、自分の思っていることを素直に表現する本能的色彩の濃いものになります。回りくどい口説は得意ではありません。好きなら好き、会いたいなら会いたいと、ためらうことなく言える人です。

知識や学問にとらわれた、とおり一辺の常識より、はるかに人間的で愛すべきものがあります。しかし、その常識感が素直であるだけに、思い込みやこだわりが強くなり、人の意見に耳を傾けないわがままな人間になることです。他人の意見や考えにも理解を示す広い心を忘れないでください。


〈サブ・ナンバーも参考に〉
b0147379_1838273.jpg
スピリチャル・ナンバーとあわせて、サブ・ナンバーも参考にしてください。サブ・ナンバーとの組み合わせによって、さらにあなたの資質を深く知ることができます。同じ番号が2つ以上重なる場合は、中心の[5]をはさんで反対側のナンバーも参考にしてください。
[PR]